ホーム   »  ユキノシタ科
Category | ユキノシタ科

ノリウツギ[ユキノシタ科]

updated on Jul. 13, 2014:概説追加しました。

ノリウツギ[Hydrangea paniculata]
ユキノシタ科(クロンキスト、およびAGP体系ではアジサイ科)アジサイ属

2〜5mの落葉低木で山地の林縁などに自生します。
葉:葉柄があり、対生。形は卵形から楕円形、縁は鋸歯状です。
花:7〜9月。枝の先に白色の小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花が混ざります。
分布:北海道、本州、四国、九州

樹液を和紙を漉く際の糊に利用したため、『糊空木』だそうです。
ハナカミキリやハナムグリなどの訪花性の昆虫が多く集まります。
花は枯れてからも茶色くなっても翌年まで残りますので、冬に訪れても識別が容易です。
以上参照サイト:『ウィキペディア_JP

以下主な引用(参照文献):
『日本産カミキリムシ』2007年2月 東海大学出版会:大林延夫、新里達也
※誤記、誤植、追加情報の抜け漏れに関しましては、あくまで拙管理人に責任があります。

★主なカミキリムシ
ムナコブハナカミキリ、ニセビロウドカミキリ


カミキリムシ幼虫のホストとしてより、訪花するカミキリムシの数の多さで、リョウブと
並んで横綱級の“集虫力”を誇ります。

ノリウツギ
Jul. 31, 2007:埼玉県

>>> 『続き』あります >>>
続きを読む